一日一カフェ New York vol.4

b0271235_172303.jpg

b0271235_2303286.jpg


ブルックリン One Girl Cookies

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ
と、言う映画をご存知でしょうか?ロバートデニーロ主演のギャング映画です。
禁酒法の時代を設定にしたユダヤ人ギャングの人生を描いた作品です。
その映画で雨が降る中、銃撃戦が始るシーンがあります。そのシーンが衝撃的なんです。
そのシーンがブルックリンでマンハッタンブリッジを背にした背景で実際に今でもその雰囲気を味わえます。
今でもその雰囲気を味わいたくその映画を知っている人達が、少ないが世界中から来ているだろうな?と、
思ったら世界中から凄い来ていました。

そのシーンの舞台となった場所からすぐにある


ONE GIRL COOKIES

ここのお店の看板メニュー
マカロンの様なウーピーパイ
なんでも、メイン州アーミッシュ と、いうところに伝わるお菓子ということです。
柔らかいクッキーに、甘さは控え目のクリームが入っています。これは何個でも食べれちゃいそう。
他にもケーキ、クッキーもあります。お値段もアップタウンやミッドタウン。
マンハッタンにに比べると凄くお安い感じで、コヒー入れても$10でお釣りきたはず。
アイスコーヒーの氷もコヒー氷です。細かな所にこだわりが感じます。

帰りはブルックリンブリッジを歩いてマンハッタンへなんてのも良いですよ。
歩いて来るのもいいし、往復で歩くのも良いですよ。何キロ有るんだろう!
イーストリバーを横切るんだから普通は歩かない様な距離だと思いますが、
素晴らしすぎる光景がズーッと視界に入り続ける訳で、
先日のチェルシー・マーケット付近のハイラインも同じように歩き続けるんですが
景色はこちらがダイナミックでスケールのデカさはケタ違い。
写真何枚撮っても足りないくらい。。
最後には
もう終わりか。。。。。
なんて、凄くいい映画を見た時と同じ感じです。
その景色は別の日にシェアリングでご紹介でも。


しかし、すごいもの造ったなーと想わずにはいられ無い。それも100年以上前に。
昔の建造物群が今のニューヨークの象徴でも有ったり。

とにかく世界一素晴らしくてエネルギッシュ!
b0271235_17325537.jpg
b0271235_17423696.jpg
b0271235_17434552.jpg
b0271235_1744357.jpg
b0271235_17452017.jpg

[PR]
トラックバックURL : http://cafeblue.exblog.jp/tb/20883900
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by cafeblue-moiwayam | 2013-08-22 17:32 | 他のカフェも見てみよう | Trackback | Comments(0)

札幌は藻岩山の麓にある古民家をリノベーションして作ったカフェです。


by cafeblue-moiwayam
プロフィールを見る
画像一覧